現金化豆知識

モバイルsuica現金化する方法

投稿日:

急にお金が必要になった時、チャージしすぎてしまったモバイルsuicaのお金を現金化出来たらすごく助かるのに・・・と思うこともありますよね。

実は、モバイルsuicaのお金は、現金化することもできるんです。

でもカードタイプのsuicaとは違い、みどりの窓口に行って返金してもらうということも出来ないモバイルsuica。

それをどのようにして現金化していくのでしょうか?

バイルsuicaで商品を買い返品するのがベーシックな方法

モバイルsuicaを現金化する方法は、いささか原始的な方法になります。

基本的な手段は以下の通り。

  1. モバイルsuicaで決済することが出来るお店で買い物をする
  2. しばらくしたらレシートと商品を持参してお店を訪れる
  3. 返品を願い出る
  4. 現金を返金される

こういう形で行うのが、モバイルsuicaの現金化なのです。

いちいちお店に出向かないといけないという手間はかかりますが、その代わりこの方法には大きなメリットがいくつかあります。

モバイルsuicaを現金化することのメリット

モバイルsuicaを現金化することのメリットは、以下の3つです。

・換金率100パーセントで現金化できる
・suicaの利用停止などのリスクが極めて少ない
・クレジットカードの現金化につながる

それぞれ大きなメリットといえますが、特に大きいのはやはり換金率です。

100パーセント換金率のものなど他にない

クレジットカードを現金化する時には、換金率というものがあります。

当たり前の話ではありますが換金する方は、手数料を引いてお金を渡すのです。そうでないと儲けが出ませんから。

たとえば換金率を85パーセントに設定して、手数料として15パーセントをもらう。その15パーセントが、業者側の儲けになるのです。

でもそれは、利用する方としてはやっぱり厳しいですよね。

5万円分カードで決済したのに、4万円しかもらえないとしましょう。

その時は4万円もらえたから嬉しいと思うかもしれませんが、その後しばらくしたら5万円の請求が来る。その時点で1万円損になります。

モバイルsuicaの現金化であればそれはありません。

何かを買って返品した時、普通商品代はまるまる返ってくるものです。

だから、換金率は100パーセントと圧倒的な数字になるんです。

買ったものを取り消すだけだからリスクも少ない

これがたとえば、クレジットカードの現金化の場合だと、お金の動きが不自然になりがちなので、現金化したことがばれたりもします。

そしてそれは規約違反で、本来の利用目的とは違うので、利用停止になることもある。

でもモバイルsuicaでは、何かを買って返品するだけなので、よほど頻繁にそれをしない限りおかしなところはありません。

だから、現金化のために使用しているということが判明するリスクが極めて少ない方法になるんです。

リスクは、少なければ少ないほど良いでしょう。

クレジットカードでチャージすればカードの現金化に

そもそもモバイルsuicaに入っているお金を利用して現金化するだけではなく、モバイルsuicaにはクレジットカードからもチャージできるわけですから、それを利用してクレジットカードを現金化することもできます。

その場合でも当然換金率は100パーセントになりますから、現金化業者を利用するよりははるかに換金率が高くなるんです。

手間はかかることは確かですが、クレジットカードの現金化の方法としては、そういう方法もあります。

モバイルsuicaを現金化することのデメリット

では逆にモバイルsuicaを使って現金化することのデメリットはどこにあるのでしょうか?大きなデメリットは以下の2つ。

・1回で高額の現金を手に入れるのが難しい
・モバイルsuicaが使えるお店が限られている

それぞれどういうことなのか、簡単に説明していきます。

モバイルsuicaのチャージは2万円が上限

まず1回で高額の現金を手に入れるのが難しいというのは、モバイルsuicaにチャージの上限があるから。

モバイルsuicaは、20,000円というのがチャージ上限になっています。

なので、1回の最大現金化額は20,000円になります。

しかもその20,000円も、モバイルsuicaが使えて、かつ返品対応をしてもらえるお店で、ちょうど20,000円くらいの商品を探して行わないといけないので大変です。

そしてそれが次のデメリットにつながっていきます。

全てのお店でsuicaでの決済ができるわけではない

suicaが使えるお店であれば、モバイルsuicaでの決済もできるものですが、そもそもsuicaが使えるお店も、ものすごく多いというわけではない。

当然suicaが使えないお店もあるんです。

そういうところではこの方法での現金化はもちろんできませんよね。商品を買えないわけですから。

では、suicaはどんなお店で使えるのか。それを次にまとめていきます。

suicaでの決済が出来るお店まとめ

suicaでの決済が出来る主要なお店には、以下のようなお店があります。

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
・ローソン
・サークルKサンクス
・アリオ
・イオン
・ララポート
・アクアシティお台場
・イトーヨーカドー
・スナモ
・コレド
・ドンキホーテ
・成田空港
・コジマ電気
・上新電機
・ソフマップ
・ビッグカメラ
・ヨドバシカメラ

もちろんほかにもまだまだありますが、特に使いやすいところで言えばこういうお店が挙げられます。

中でもおすすめはやはり、家電量販店系。

2万円弱程度の商品も多いですし、返品する最もな理由も見つけやすい。そして返品対応も問題なくしてもらえる可能性が高いですよね。

どうしても近くになければ違うお店でも良いでしょうが、近くにあれば一番おすすめできるのは家電量販店になります。

モバイルsuicaを使ったもう一つの現金化の方法

モバイルsuicaを使った現金化には、もう一つやり方があります。

それが、モバイルsuicaにお金がチャージされている状態で、退会するという方法。

モバイルsuicaは、退会すると残金が銀行振り込みで返金されるというシステムになっているんです。だから、退会すれば当然残金を現金化できます。

やり方はすごく簡単です。


コチラのモバイルsuicaのトップページから、右上の「会員ログイン」をクリック。

そして最初に登録したパスワードやメールアドレスでログインしていきます。
モバイルsuicaにログイン
あとはこの会員ページで「退会」を選ぶだけ。その後残高の返金先口座の登録などをして、手続きを進めていけば、退会完了です。

あとは、残高が振り込まれるのを待つだけ。

返金までは2週間から1か月かかる

この方法であればいちいち返品をしないで済むので、返品の際の心苦しさや変な緊張感などはありません。

ただ、この方法の場合、返金までに2週間から1か月程度時間がかかるという難点があるんです。

退会をして、返金手続きをしても、すぐに残高が振り込まれるわけではありません。

モバイルsuicaのお金を現金化したいという方の中には、急いでいる方も多いでしょう。その方には向かない方法になります。

モバイルsuicaを現金化するのは、リスクは少ないが難点もまずまずある

モバイルsuicaを現金化するには、返品式と退会式がありましたが、どちらもまずまずの難点がありました。

返品の場合には、返品をする手間がかかりますし、最もな理由も考えないとなりません。

退会の場合には、現金を得るまでにすごく時間がかかる。なので、どちらも一長一短なのです。

ただどちらの方法であっても、リスクが少ないことは確か。最悪利用停止になったとしても、クレジットカードが利用停止になるよりは困らないでしょう。

だからどちらの場合でも、できる限りリスクの少ない方法で現金化をしていきたいという方には、おすすめの方法になります。

逆に多少のリスクはありながらも、とにかく早く、そして簡単に現金化をしていきたいという場合には、クレジットカードの現金化業者を利用してカードを現金化するのがおすすめです。

-現金化豆知識

Copyright© モリタケが調査しました!安心安全な優良クレジットカード現金化業者一覧 , 2019 All Rights Reserved.