現金化豆知識

クレジットカード現金化業者の種類。店舗型と無店型のメリットデメリット

更新日:

クレジットカード現金化業者の種類。店舗型と無店型のメリットデメリット

in201259408606119212351
管理人:モリタケ
クレジットカード現金化の業者には、店舗経営をしている店舗型の業者と、ネット上のみで営業している無店舗型の業者があります。
これらのうち、どちらにどのようなメリットやデメリットがあり、それぞれどのような人に向いているのでしょうか?
今回は、クレジットカード現金化業者の中で、店舗型と無店舗型のそれぞれのメリットとデメリットについて解説します。

現金化業者の種類

クレジットカード現金化業者には、
店舗型無店舗型があります。

店舗型とは

駅前や人通りの多い場所・アクセスしやすい場所で営業していることが多く、「クレジットカードの現金化」とか「カードでお金」などと書いてある看板を出していたりします。直接店舗に行きその場で現金化することができます。

無店舗型とは

店舗は無く来店する必要がないのが特徴です。利用するときは公式ホームページから申込みをして、指定口座に現金の振込をしてくれます。手続きから振込まですべてネット上でできるようになっています。
in201259408606119212351
管理人:モリタケ
どちらにも、一長一短があるので、自分に合ったタイプを選ぶことが大切です。まずは、店舗型業者のメリットとデメリットを見てみましょう。

店舗型のメリットとデメリット

  • 安心感がある
  • 店舗型の何よりのメリットは、利用の際に安心感があることでしょう。目の前に実在の店舗があり、目の前でスタッフが応対してくれるので、相手が「架空」ということはありえません。また、店舗営業をしているのだから、何かあったら店舗に行って苦情を言うこともできますし、責任追及もしやすいです。特に、悪徳クレジットカード現金化業者による被害を心配している場合などには、店舗型の方が安心して利用できるでしょう。

  • ネットがなくても利用できる
  • 「パソコンは持っていない」「携帯はガラケー」「スマホは使っていない」という人もいるでしょう。店舗型の業者であれば、ネットを利用しない環境でも利用することができます。

  • 店舗に行く手間がかかる
  • 店舗型の業者を利用するときには、当然、営業時間内に店舗のある場所にまで行かないといけません。普段忙しく働いている人や身体が不自由な人の場合、店舗に行くのが難しいこともありますが、そういったケースでは、店舗型の業者は非常に利用しにくくなってしまいます。

  • 地方には店舗がすくない
  • クレジットカード現金化業者は、全国津々浦々どこにでもあるというものではありません。当然、商売ですから人通りが多く、たくさんの人が利用してくれそうな場所に店舗を構えています。首都圏の駅前などにはたくさんありますが、地方だと近くに店舗がないことも多いです。

  • 換金率が低め
  • 店舗型の業者は、比較的換金率が低いです。それは、店舗営業のために多くの経費がかかるためです。賃料もかかりますし、従業員を雇ったらその給料も必要です。物理的にお店を構えると大きな費用がかかるので、その分換金率を低くするしかなくなるのです。

in201259408606119212351
管理人:モリタケ
普段パソコンやスマホなどあまりネットを使わない
ネット上で個人情報のやり取りをしたくない
相手の顔が見えないのはどうしても不安
ネットの業者は悪徳業者のイメージが強いので抵抗がある
という人には、店舗型の業者をおすすめします。

無店舗型のメリットとデメリット

次に、無店舗型の業者のメリットデメリットを確認していきましょう。

  • 手間がかからない
  • 無店舗型の業者を利用するとき、ほとんど手間がかかりません。パソコンやスマホから申込みをして、必要な情報を入力するだけで、指定した口座に現金を入金してもらうことができます。空いた時間に簡単に利用することができます。

  • 換金率が高い
  • 一番のメリットとしては、換金率が高いことです。クレジットカード現金化をするとき、最も重要なのは換金率でしょう。無店舗型の場合、店舗営業のための経費が不要なので、その分をすべて顧客に還元することができます。なるべく高い換金率で、お得にクレジットカードを現金化したいときには、無店舗型を利用した方が良いでしょう。

  • 来店する必要がない
  • 無店舗型の場合、わざわざ店舗に行く必要がないため、人と話をするのがおっくうな場合や、店舗に行くのが面倒、普段忙しい、外に出られないなどの理由で店舗利用を躊躇する人でも利用しやすいことがメリットとなります。

  • 土日祝でも24時間利用可能
  • パソコンやスマホからいつでもどこでも申込ができます。土日祝でも24時間利用ができます。仕事で遅くなったときや早朝などに、申込みをすることもできるので、生活スタイルに合わせて利用することができてとても便利です。

  • 悪徳業者が混じっている
  • 無店舗型のデメリットとして、悪徳業者が混じりやすいことです。ネット営業は誰でも簡単にできるので、闇金が営業していることもあります。無店舗の業者をするときには、悪徳業者を上手に避けて、良質な業者を選ぶための知識が必要となります。

  • 情報を盗み取られる恐れ
  • 重要な個人情報をネット上で送信する場合もあります。ネット上で情報送信をすると、どうしても情報漏えいのリスクが高くなってしまいます。

in201259408606119212351
管理人:モリタケ
無店舗型の利用に向いているのは、
なるべく高い換金率でお得に利用したい
地方に居住していて近くに店舗がない
いちいち店舗に行くのが面倒
手間なく便利に現金化したい
以上のような人です。

まとめ

今回は、クレジットカード現金化業者を、店舗型と無店舗型で比較してみました。インターネットを使える環境にあるなら、無店舗型の方が何かと利点が多いようです。悪徳業者に注意しながら、上手にクレジットカード現金化業者を利用しましょう。

no image
【9社比較】クレジットカード現金化業者の換金率ランキング!

クレジットカード現金化を利用するにあたって、換金率は利用者が最も気にしている一つではないでしょうか?ここでは、「換金率」「スピード」「サービス」を重点的に調査し業者をまとめています。ぜひ業者探しにお役 ...

続きを見る

-現金化豆知識

Copyright© 【2017年版】安心安全優良クレジットカード現金化口コミ比較ランキング , 2017 AllRights Reserved.